So-net無料ブログ作成
検索選択

円キャリートレードと円安 [FX 初心者 ブログ]

◆「円キャリートレード」と「円安」の関係

「円キャリートレード」とは、金利の低い円を借り、金利が高い国の通貨に投資して金利で稼ぐことを言います。

「円キャリートレード」が増えると円安になる要因となります。

◆円キャリートレードの巻き戻し

金利の高かった国が利下げを行うと、利回りを上げることが難しくなるので、運用していた外貨を円に換えて返済します。

そうすると、円高の要因となります。

◆レパトリエーション

レパトリエーションとは、海外に投資していた資金を本国に戻すことを言います。

例えば、低金利の円を借りて(円キャリートレード)海外の通貨で運用していた海外投資家が、テロや災害、金融危機などが起こったときに、リスク回避の目的で資金をいったん日本円に戻すことがあります。

これを日本のマスコミは、「日本円は安全資産だから有事の際には円が買われる」と報道します。

有事の際に、円が買われて円高になる一番の理由は、円が超低金利だからで、日本の経済が安全だからという理由からではない。

と主張するひとがネット上には沢山います。
私もある意味そうかも知れないと思いました。




スポンサーリンク







共通テーマ:
株価